故障したらココでスマホ修理
2020年12月12日 スマホ修理横浜を活用前に自分でできる対策

スマホ修理横浜を活用前に自分でできる対策

スマホを利用している人は多くいますが、様々なトラブルによってスマホ修理横浜が必要な場合も出てきます。ただし直ぐにスマホ修理横浜を利用出来ない場合は、自分自身でできる対策を行う事もポイントです。まずスマホ修理で多いトラブルの1つとして、洗面台やトイレなどに落として水没させてしまうという事が多くあげられます。スマホに電子機器であり水分の接触は故障の原因であり、直ぐに修理する事が望ましいです。

ただし直ぐにスマホ修理横浜を利用出来ない場合は、まずは慌てずにしっかりと水分をふき取る事が大切です。スマホを保護するためにカバーを装着させている人も多くいますが、カバーと本体の隙間に水分が溜まることもあります。カバーも外してスマホ本体を出し、しっかり細かい箇所まで乾いたタオルでふくようにします。自分でできる対策としては、SIMカードを抜いておくという方法も重要です。

SIM自体が水没してしまうとデータの破損につながるので、柔らかい布やティッシュなどに包んで傷がつかないように取り除いておきます。水分を綺麗に拭き取った後は、やはりどうしても故障していないかどうかが心配になります。そのため電源を入れたり切ったりをしてしまう人が多いですが、この行為は絶対避けるべきポイントの1つです。表面の水分を綺麗にふき取っていても、隙間などから内部に水分が侵入している可能性も考えられます。

その状態で電源を入れたり切ったりを繰り返してしまうと、内部でショートする自体も考えられます。そのため電源には極力触らずに、充電といった本体に通電するような操作は行わない事が大切です。その後は動作確認などのために操作などもしたくなりますが、操作自体も控えるようにします。最初は大丈夫と感じていても、思わぬトラブルに繋がる可能性が出てきます。

水没してしまったら通電や電源などに触らず、カバーを取り外して綺麗に水分を拭き取ります。SIMカードは丁寧に取り除いて、安全な場所で保管です。そのまま操作確認などはせず、直ぐにスマホ修理横浜に持ち込んで修理をしてもらう事が最善の対策となります。お店を利用する際は事前に予約しておくと、待ち時間などもなくスムーズに対応が可能です。

予約の際にトラブルの原因などを事前に伝えておくことで、水没であれば水没に合わせた対処を事前に準備しておいてもらえます。対応と修理が早ければ大きなトラブルに繋がらず、また安全に使用できる可能性が大きくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *