故障したらココでスマホ修理
2020年12月3日 スマホ修理横浜の前に自己復旧を試してみたい

スマホ修理横浜の前に自己復旧を試してみたい

横浜でしたら、スマホ修理横浜と検索に入れたら専門店が沢山出て来ます。公式店の修理の場合は、スマホ修理横浜の後にビックカメラやヤマダ電機などの大きい家電量販店を入れる策がありますし、分からない場合はメーカーの公式サイトから提携店を探せば良いだけです。非公式修理の方は、スマホ修理横浜で後に、迅速や格安の言葉を入れたら探せます。ただ、自己復旧をその前に試してみたいという人も少なからず居られるかと思います。

その場合は、「再起動を試す」と「ウイルス問題のチェック」を最初に確認してみる事をお勧めします。説明書か、もしくはネットで自分のスマホの型番を入れたら手順を調べる事は出来るはずですが、この2点で解決出来る事も少なくありません。ウイルスについては、事前予防という事で対策ソフトを入れたか否かであったり、再起動が必要な状況も激しく地面に衝突させてしまったか否か等で、結果が色々変わる部分もあります。ただ、試してみるだけの価値はありますので、まずは試みる事をお勧めします。

ただし、水没事故に関しては話が違います。水没事故で動かない場合は、大概中身に水が入ってしまった事を意味しますので基盤まで壊れたか否かにもよりますが、この場合は個人で出来る事はまず無いと思った方が良いです。買い替えを最終結論と考え上で、データー救出の為に非公式店へ行くか、それともデーターを捨てて新機種を探しに公式修理に行くかの2点が選択肢となります。次の段取はバッテリーの劣化の有無を調べる事ですが、スイッチを入れた瞬間に即電源が無い等と言う表示が出て消えてしまう様な事があるならば、バッテリーが弱っていると思った方が良いです。

その場合は量販店に出向いてバッテリーを購入した上で、ネット等で交換法を調べて工具を使ってトライすれば本修理以前に回復する事も珍しくありません。この辺りで解決しなかった場合は、代替パーツを用意した上で、自己修理に挑戦する段取となります。その場合には、「自信が無いパーツは絶対に切ったり外したりしない事」が鉄則です。理想を言えば、静電気対策がしてある工具や作業台を用意する事であり、この辺は比較的安価で入手可能ですが、手順とコツを知っている人間であればパーツ交換の難度は決して高くありません。

ですが、此処に落とし穴があり、「手順まではネットで確認する事は簡単なのですが、コツについては熟練を要する様な場面」が意外に多いです。わずかな水分でNGになってしまう事や、外したり切ったりしやすそうだけど、絶対に切ってはいけないコード等の怖い部品もあります。火が出る等と言う事こそ無いですが、精密家電を自分で何とかしたい時の鉄則は「がんばらない事」の1点です。諦める時には、即諦めて専門家に頼る事は厳守する様にして下さい。

スマホ修理横浜のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *