故障したらココでスマホ修理
2020年11月9日 スマホ修理横浜の業者と正規店の違いとは

スマホ修理横浜の業者と正規店の違いとは

スマホ修理横浜の業者と正規店の大きな違いといえば、簡単にいうとメーカーから認可を受けている店かどうかです。例えばキャリアショップなどは正規店で、街にある修理店は殆どは非正規店です。正規店の最大のメリットは、純正部品だけで行い、基盤も含めてすべての修理が出来ることです。純正品だけを仕入れてすべての症状に対し対応可能ですが、修理に時間がかかり予約が大体は必要となります。

スマホを預かってから行うので直るまでに数日かかることが殆どで、予約をしてないと受け付けてないです。他にも、スマホ修理横浜にないデメリットとして必ずデータが消えることで、個人情報保護の観点からデータを消去して作業をします。急に壊れてバックアップがとれないときには困ります。それと比べて非正規店だと、予約をしなくて受付も出来ますし、修理をした当日に返却が可能でさらにデータも消しません。

非正規店はデータを消すことはなく、バックアップをとるために最低限画面操作が出来るようにと依頼する人もいます。便利なスマホ修理横浜ですがデメリットもあり、部品は基本的に純正品ではなくて保険が使えず修理後に適用外になることがあります。やはり最大のメリットは即日で渡せてデータを消去しないことだと言えます。データに関しては、例えばiPhoneだとメモリースロットがなくすべて内蔵メモリーへデータを保管し、クラウド上で保管してない写真やメールデータなどは急に故障が起きてから、後からバックアップを取るのが大変難しいです。

正規店で直すときは本体まるごと交換することが主で、それで必然的にデータもなくなります。消えると困るときには、街の業者の方が残したままで直してくれ、例えば画面のガラス割れならタッチパネルのガラス交換だけで済むので、メモリーには手を出すことなく直せます。普段から使っているスマホですから、壊れたら少しでも早く修理をしたいと思います。正規店だと、大体は宅急便でスマホを送ってから依頼する配送修理、直営店または正規のサービスプロバイダへ予約を入れてから店へ持ち込む方法があります。

予約が大変取りにくく、数日後、または翌週後でないと取れないことが殆どです。壊れた内容によって違いますが、街の業者なら持ち込むだけでその場で直せることが多く、時間的に余裕がない場合でもかなり便利ですしメリットは大きいです。また、非正規店は相場から見て、直営店などと比べて費用が安いです。部品交換だけで済むこともあり同業者が増えているので価格競争も影響してます。

使う部品は純正品ではないですが、費用を抑えられることは魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *